しきなのちとせふじ|広島県

敷名の千年藤

概要

『平家物語』巻4・厳島御幸によれば,治承4年(1180)高倉上皇が宮島からの帰路,沼隈町敷名の港に停泊した様子が記述されている。藤の花が色濃く咲いているのを見つけ,「千年へん君がよわいに藤波の松の枝にもかかりぬるかな」と詠みあげたとある。以来千年藤と呼ばれている。なお,古記録によれば,寛保3年(1743)阿部正福の領内巡見時の千年藤の大きさは,胴まわり2尺余,西に4間,南北10間であったと記す。現在の藤はこの藤の何代目かのものである。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 広島県福山・鞆の浦
住所 広島県福山市沼隈町大字常石
電話番号 【所在地】TEL:084-988-0178 / 【問合せ】TEL:084-987-0677 ; FAX:084-987-0984
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

敷名の千年藤へのアクセス

*福山駅千年橋方面行き/バス千年橋/徒歩/5分

PAGE TOP