海・川・湖で水遊び 関東近郊 特別なランチ付きプラン
しらかべのみち|広島県

白壁の道(上下町商店街)

概要

福山・三次の中間点に当たる上下は分水嶺である。上下の名は峠の意から出たものとも言われる。江戸時代には、広島藩の浅野氏と福山藩水野氏との所領に分割されていた。府中市上下支所は、代官所跡に建てられており、庭先に「天領陣屋跡」の碑が建っている。大森銀山の銀を大阪に運ぶ中継地としての上下は、陰陽を結ぶ宿場町として発展。宿屋や商店が軒を並べた。町並みを見ると、古風な白壁の土蔵や格子戸造りの家が今も遺存し、往時の盛況を物語っている。古い街道筋には道標も多く残っている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 広島県三次・世羅・庄原
住所 広島県府中市上下町上下
電話番号 【問合せ】TEL:0847-62-3999
料金 【備考】 *無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

白壁の道(上下町商店街)へのアクセス

福塩線 上下駅から徒歩で10分

PAGE TOP