とりひきとおしなべ|長崎県

鶏ひきとおし鍋

島国・壱岐の風土が生んだ鶏の旨味を最大限に引き出した鍋料理

概要

昔、 島で鶏肉が一番のご馳走だった頃、お客様が来ると庭で鶏をつぶし、奥に”ひきとおし”て食べさせたことに由来する鍋料理。島の鶏は、放し飼いに近い状態で育てるため、肥育期間が長く味が濃い。自給自足の生活が長かった島国・壱岐でのおもてなしや祝い事で振る舞われた。昔は家で飼っている鶏をつぶし、庭で育てた野菜を採って用意したと言う。鶏がらで取っただしに薄口しょうゆ、酒、ショウガを加えるスープが特徴。鶏の旨味が溶け出した上に、野菜の甘みが加わるスープは、ポン酢等を使わずに、そのまま食べるのがお薦め。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県壱岐・対馬・五島列島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP