はとし|長崎県

ハトシ

長崎を代表する卓袱料理の一つ。海老の旨味とプリプリの食感が◎

概要

海老のすり身などを食パンで挟み、油で揚げたもので、明治の頃に中国から伝わった料理。長崎の料亭で出される卓袱(しっぽく)料理の一品で、広東語「蝦吐司」をまねたハトシという呼び方で広まった。中国名の文字からも「蝦」が「海老」、「吐司」は「トースト」の意味から調理法が分かる。その後、長崎の一般家庭料理となり、それぞれのご家庭では海老に限定せず、挽き肉、魚のすり身など色々な素材を使用。世界最大の海老の消費国・日本。日本人の味覚に合っていたのも長く愛される所以といえる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市佐世保・平戸諫早・大村・波佐見雲仙・島原壱岐・対馬・五島列島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP