かんもんかいきょうはなびたいかい|山口県

関門海峡花火大会

巌流島を挟んで対岸で競い合うように次々の迫力満点の花火が打ち上がる

概要

関門海峡に面する山口県下関市と福岡県北九州市門司区のまちづくり団体が合同で開催する全国でも珍しい花火大会。1985年(昭和60年)に下関21世紀協会が夏に下関に帰省してくる人たちを迎えるために始めた花火大会。3年後の1988年 (昭和63年)に門司でも鉄道開通100年記念を祝して花火大会が開催され、このときから合同で開催されています。対岸から打ち上げられる花火は瞬きを忘れてしまうほどの大迫力。門司側hが尺玉100連発、下関側は1尺5寸玉の打ち上げや水中花火が競い合う打ち上がり、海峡上空を華やかに彩ります。

基本情報

ジャンル イベント
地域 山口県下関・角島
8月
住所 山口県下関市あるかぽーと地区を中心に関門海峡沿岸一帯
電話番号 【問合せ】TEL:083-223-2001
HP http://hanabi.moji-retro.com/
開催期間 2018.08.13~2018.08.13
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 打ち上げ数:
(門司・下関合わせて)15,000発
昨年の人出:門司75万人、下関45万人

■お問合せ先
関門海峡花火大会実行委員会門司 093-331-8781
関門海峡花火大会(公式)http://hanabi.moji-retro.com/

※掲載情報は登録時のものとなるため、情報に変更が生じている可能性がございます。
お出かけの際は公式HPなどで改めてご確認ください。

関門海峡花火大会へのアクセス

山口県(JR「下関駅」から徒歩15分)/福岡県(JR「門司港駅」そば)

PAGE TOP