るりこうじごじゅうのとう|山口県

瑠璃光寺五重塔

概要

この五重塔は、応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、弟の盛見が建立を計画、嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。 塔は方三間、高さは31.2mで、大体和様式、屋根は桧皮葺です。 室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作であり、日本三名塔の一つにも数えられています。 明治36年に国宝に指定されました。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 山口県山口市・宇部
住所 山口県山口市香山町7-1
電話番号 【問合せ】TEL:083-922-2409
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時代】室町時代 / 【建築年】嘉吉2年(1442年)

瑠璃光寺五重塔へのアクセス

中国自動車道小郡ICから車で20分
JR「新山口駅」からバスで30分 → 「県庁前」バス停から徒歩で10分

PAGE TOP