やさかじんじゃほんでん|山口県

八坂神社本殿

概要

永正17年(1520年)に建立されたもので、三間社流造りで、屋根は桧皮葺きです。 本殿の周囲及び向拝の斗きょう間には13個の変化に富んだ蟇股があります。 大内弘世が1370年(応安3)に京都の祇園社から勧請した神社といわれ、現在の本殿は、大内義興が再建したものとして知られています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 山口県山口市・宇部
住所 山口県山口市上竪小路100
電話番号 【所在地】TEL:083-922-0083 / 【問合せ】TEL:083-922-0083
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時代】室町時代 / 【建築年】永正17年(1520年)

八坂神社本殿へのアクセス

JR新山口駅からバスで30分 → 停「県庁前」バス停から徒歩で10分
中国自動車道小郡ICから車で20分

PAGE TOP