たいのしおがまやき|長崎県

鯛の塩釜焼き

松浦地方の伝統的な料理法。塩釜で旨味を閉じこめた鯛は絶品

概要

長崎県松浦地方に伝わる伝統的な料理法。塩と卵白を混ぜクリーム状にしてから、鯛を包んで焼き上げる。鯛の形に固められた塩釜を木槌で割れば、中から現れる桜色の美しい鯛。元々、朝鮮出兵の際、豊臣秀吉が玄界灘の鯛を大阪の母へ届ける為に塩で包んで焼いたのがルーツ。古来よりおめでたい席に欠かすことのできない鯛。中でも、西海の荒磯で育った良質の真鯛は絶品として珍重される。姿のまま塩で包み押し固めて焼く事によって、旨味が外に流れ出す事なく身の中に閉じ込められ、ほんのり塩味が効いた鯛の風味と身の締まりが最高だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県佐世保・平戸
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP