おおむらあまからまっくろ!かれー|長崎県

大村あま辛まっ黒!カレー

大村市の歴史と文化を織り込んだ「あま辛」ご当地グルメカレー

概要

「地産地消」「歴史・文化」を反映した大村市のご当地カレー。織田信長の日本統治時代に、日本で始めて「天正遣欧少年使節」が大村よりローマへ旅立った。インドを経て日本に帰還し、大村にカレーのスパイスを始めて持ち込んだという。中心市街地の長崎街道(シュガーロード)が、昔から砂糖を使った甘いお菓子で有名。そこで「甘い」と天正遣欧四少年使節のスパイスから「辛い」を取って「大村あま辛黒カレー」を開発。フルーティーな甘さと、あとから追いかけて来るようなスパイシーな辛さが交わって絶妙な味を生み出している。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県諫早・大村・波佐見
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP