あいおしょうはちまんぐうほんでん・はいでん・ろうもんおよびちょうや|山口県

秋穂正八幡宮本殿・拝殿・楼門及び庁屋

概要

社伝によると、814年(弘仁5)に二島の古宮の地に創建されたといい、1501年(元亀1)に大内義興が現在地に社地を移したといわれています。 現在の社殿は、1740年(元文5)に長州藩主毛利宗広によって建立されたものです。 本社は山口県独特の楼拝殿造りを踏襲し、装飾部分がすぐれ、広大な屋根の全体を桧皮葺きとするなど、江戸時代中期を代表する立派な社殿といえます。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 山口県山口市・宇部
住所 山口県山口市秋穂西宮之旦337
電話番号 【所在地】TEL:083-984-4256 / 【問合せ】TEL:083-984-4256
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時代】江戸時代

秋穂正八幡宮本殿・拝殿・楼門及び庁屋へのアクセス

JR山陽本線新山口駅からバスで30分

PAGE TOP