もじこうやきかれー|福岡県

門司港焼きカレー

オーブンで焼いた香ばしいカレーライス“門司港焼きカレー”

概要

明治から昭和にかけて海外貿易港として栄えた門司港には、多くの洋食店が軒を連ねた。昭和30年ごろ、栄町銀天街と呼ばれる繁華街にあった喫茶店で余ったカレーをご飯にのせオーブンで焼いたところ、香ばしくて美味しいと一躍評判を呼んだことが始まりとの一説がある。現在の“焼カレー”は、ご飯の上にカレーをかけたものにチーズや卵をのせてオーブンで焼くスタイルが定番だが、フグやエビ、イカといったシーフードから、バナナやさつまいもを加えるなど趣向を凝らした一品も登場し、門司港のご当地メニューとして注目を集めている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福岡県北九州・門司・小倉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP