どんこじる|岩手県

ドンコ汁

旬で脂ののった「どんこ」を沢山の野菜と一緒に煮込んだ味噌汁

概要

三陸沿岸でよく獲れるエゾイソアイナメのことを「どんこ」と呼ぶ。脂肪分が多くなる冬が旬で、味噌味の汁物は好んで食べられる。大根、にんじん、じゃがいもを大きめに切って煮た後、ぶつ切りにしたどんこの切り身と肝臓を入れて静かに煮込み、豆腐を入れ味噌で調味し最後にねぎを加える。陰暦10月20日の恵比寿講には、尾頭つきのどんこ汁を神前に供え豊漁を祈願した。気仙地方では現在もこの習慣が続いている。また、白身で淡泊な味は産後の肥立ちに良いとされ、体力回復の料理として食べられてきた。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県宮古・久慈・岩泉大船渡・釜石盛岡花巻・遠野一関・平泉八幡平北上・江刺
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP