ふくおかけんのがめに|福岡県

福岡県のがめ煮

知らず知らず食べている郷土料理NO.1

概要

鶏肉、ゴボウ、レンコン、コンニャクなどを用いる煮物。正月や結婚式などのお祝いの席で作られることが多い。別名「筑前煮」。

【歴史・由来】
その名の由来には諸説あり、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際、博多に集められた兵士たちが博多湾で亀(博多の方言でガメ)を捕まえて他食材と煮た「亀煮」がルーツだからという説や、(食材を)寄せ集めるという意味の博多の方言「がめりこむ」の博多の方言から名付けられたなどと伝わる。
がめ煮が食されていた福岡県北部は昔、筑前国(ちくぜんのくに)と呼ばれており、筑前国の煮物ということで別名「筑前煮」とも呼ばれるようになった。筑前煮の名称で全国に広まったのは、学校給食での提供がきかっけとされている。

【食べ方】
普段のおかず、酒の肴に。
正月や博多祇園山笠のお祝いや祭りにもふるまわれる。

【作り方】
・鶏肉、サトイモ、ゴボウ、ニンジン、レンコン、コンニャクなどを炒める。
・出汁、醤油、酒などを入れて煮て完成。

【提供店】
福岡市内の飲食店。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福岡県博多・天神・太宰府筑豊柳川・久留米・筑後北九州・門司・小倉糸島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP