うめがえもち|福岡県

梅ヶ枝餅

梅の刻印入りのお餅は、焼きたてパリッの食感が身上

概要

大宰府市内でよく見かける梅の刻印入りの焼餅。小豆あんを薄いお餅の生地でくるみ鉄板で焼く。菅原道真公が不遇の配所時代に困窮した生活を送っているのを近在の尼さんが見かねて、道真公が好んだ梅の枝に添えて焼餅を差し上げたという逸話に由来するもの。梅の味や香りがするわけではない。焼きたてのパリッとした香ばしい食感が身上で、神社の門前などでみなアツアツを幸せそうにほおばっている。お土産として持ち帰る場合はやわらかい食感になりがちなので、オーブンで焼き直すとよい。焼餅2枚であんをはさんで食べるのが正式らしい。

基本情報

ジャンル お土産
地域 福岡県博多・天神・太宰府
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP