くさきまんじゅう|福岡県

草木まんじゅう

大牟田の定番 しっとりと上品な白餡と薄皮が織り成すハーモニー

概要

福岡県大牟田市を代表する銘菓「草木饅頭(くさきまんじゅう)」。明治後期に大牟田市の草木地区で発祥したことにちなみ、草木の饅頭と親しまれ現在の名がついた。黄土色の薄皮で包んだ蒸し饅頭で、中には滑らかな白餡がぎっしりとつまる。手軽に食べられる一口大サイズがうれしく、地元でもお茶請けとして日常的に楽しまれる素朴な味わいの和菓子だ。1914年より変わらず「江口栄商店」と「黒田屋」の二大名店が製造、市内各地で販売されている。第22回全国菓子大博覧会にて、名誉総裁賞を受賞する。

基本情報

ジャンル お土産
地域 福岡県柳川・久留米・筑後
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP