しょうとくいん|香川県

聖徳院

概要

讃岐33観音霊場の第29番札所である。 聖徳太子の没後、太子信仰が全国に広まった。ここは、天平8(736)年、四国の太子信仰道場として、法隆寺の僧行信により建立された寺。太子の像が三体あり、本尊聖徳太子二歳立像は、県指定有形文化財。太子堂のほか、天満宮、子安観音堂、一畑薬師堂などがあり、婦人や子供連れの参拝客も多い。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 香川県丸亀・琴平・坂出
住所 香川県綾歌郡宇多津町1423-1
電話番号 【所在地】TEL:0877-49-0829
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】鎌倉時代

聖徳院へのアクセス

宇多津駅から徒歩で25分

PAGE TOP