がりゅうさんそうていえん|愛媛県

臥龍山荘庭園

概要

城下町大洲東端の清流肱川随一の景勝地である臥龍の渕に臨み、神楽山を背景とした約3千坪(9,900平方m)の臥龍山荘である。肱川、冨士山等付近の眺望を利用した借景の庭で、神戸の植徳が10年を費して築庭したもので、庭中の「てまり石」は、大阪淀屋辰五郎の庭にあったもの、「石臼」は、兵庫六甲溪谷の銘酒灘の米つき水車に用いたもの、「げんだ石」は、上灘より導入するなど粋を凝らしたものが多い。山荘の自然の景勝は、四季に亘って、それぞれの風趣がある。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 愛媛県宇和島・大洲
住所 愛媛県大洲市大洲411-2
電話番号 【所在地】TEL:0893-24-3759 ; FAX:0893-24-3759 / 【問合せ】TEL:0893-24-3759 ; FAX:0893-24-3759
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【築庭年代】文緑年間

臥龍山荘庭園へのアクセス

伊予大洲駅から車で5分

PAGE TOP