しろしたかれいのさしみ|大分県

城下かれいの刺身

江戸時代には庶民は食す事を禁じられたという美味で希少な魚

概要

城下かれいとは、大分県は日出町にあった暘谷城址の南側、別府湾の城下海岸の真水の湧く海底を中心に広がる海に生息するマコガレイのこと。姿は他の場所のかれいと大きく異なり、尾ヒレが広く角張らず、形が丸々して頭が小さく、泥臭さがない。江戸時代から希少な魚で美味しかったことから珍重され、庶民が食べる事が禁止されたほど。城の下の海底に湧いてくる真水により様々な種類の餌が豊富となり、他の地域と違って独特の肉厚と旨味が出る。刺身にすると純白で美しい光沢、そして少しの臭みもなくコリコリとした歯触りが楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県国東半島・中津・宇佐
5月 6月 7月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP