おおいたけんのとりめし|大分県

大分県の鶏めし

有名グルメ漫画に掲載!鶏肉消費量上位の大分県に伝わる郷土飯

概要

新鮮な鶏肉とゴボウを用いるご飯料理。炊いたご飯に炒めた食材を混ぜ込む作り方と、ご飯と食材を一緒に炊き込む作り方がある。

【歴史・由来】
江戸時代の末期の頃、吉野地区の漁師がキジや鳩の肉で作ったのが始まりと言われている鶏めし。昔は地区での共同農作業での打ち上げ等で皆が集まる時に各家々から持ち寄ったり、ハレの日、来客があった時など作られた料理だったのだとか。当時は自家製の醤油で作っていたので味が濃く、鶏の油で口の周りも黒くなる程だったと伝えられている。

【食べるシーン】
お祭りやお祝いなどの集りの際に、新鮮な鶏肉を用いたもてなし料理として親しまれていた。今でも家庭料理として受け継がれている。

【作り方】
・下処理した鶏肉とゴボウを炒めて、醤油や酒などで味を調える。
・炒めたものを、炊いたご飯にのせて、よく混ぜたら完成。

【提供店】
吉野鶏めし保存会

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP