おうはん|大分県

黄飯

キリシタン大名が治めた異国情緒溢れる町に残る日本版パエリア

概要

国宝の石仏や藩政時代の町並みが残りる臼杵の町。その古い歴史が息づく町に伝わる郷土料理のひとつが”黄飯”だ。くちなしのエキスで炊いた黄色がかったご飯で、祝い事の際や、客のもてなし料理として昔から食べられてきたようだ。添え物には、焼いたエソのほぐし身と、木綿豆腐やごぼう、にんじん、大根等をあわせて作られる加薬(かやく)が、よく用いられたという。黄飯の発祥については諸説あり、江戸時代に赤飯の代わりに作られたという説や、戦国時代にキリシタン大名がパエリアを模したのではないかともいわれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP