えびもち|岩手県

えび餅

鮮やかな紅色と香ばしい香りが食欲をそそる、おもてなし伝統料理

概要

岩手県南では、年中行事や冠婚葬祭のもてなし料理として餅をつく習慣がある。このような餅料理は200種類もあると言われており、町内で生産される伝統的な食材、もち米、小豆、えだまめ、沼えび等を使用し、地元での調達を基本としている。中でも特徴的なのが、「えび餅」である。花泉地区ではあちこちに水田潅漑用のため池があり、春や秋には網を使ってえびとりをする。そのえびを丸ごと炒って、酒と塩で味をととのえ、つきたての餅をちぎって入れる。白い餅に桜色のえびが色鮮やかで、香ばしい香りと共に食欲をそそる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県宮古・久慈・岩泉大船渡・釜石盛岡花巻・遠野一関・平泉八幡平北上・江刺
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP