きらすまめし|大分県

きらすまめし

サバやアジなど近海で取れる旬の魚におからをまぶした郷土料理

概要

「きらす」は”おから”、「まめし」は「まぶす」という意味で、”きらすまめし”は「おからをまぶした料理」となる。まぶすのは、サバやアジなど近海で取れる旬の魚で、刺し身に調理した後の切れ端や、中落ち(三枚におろした後の中骨に付いた身)の部分を使うのが一般的だ。おからや切れ端は使わずに捨ててしまうこともあるが、臼杵特産のしょうゆやかぼすを加えるだけで、見た目も香りも良い立派な料理に変身する。「質素倹約」を旨とする臼杵人の気質からうまれた郷土料理といえそうだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP