りゅうきゅうどん|大分県

りゅうきゅう丼

手早く作れて美味しい漁師飯は大分県のソウルフード

概要

サバやアジ、ブリなどの切り身を醤油ダレに漬けこんでつくる郷土料理「りゅうきゅう」をご飯にのせ、ネギとすりゴマなどを散らした丼ぶり。

【歴史・由来】
漁師が獲れた魚を長く美味しく食べるために「りゅうきゅう」を考案し広まった。その後、りゅうきゅう丼やりゅうきゅう茶漬けとしても食されるようになった。名の由来は、調理法が琉球から伝わったという説とゴマを和える調理法「利休和え」から名付けられたという説がある。

【作り方】
・サバやアジなどの切り身を醤油ダレに漬けこむ。
・切り身をご飯にのせ、ネギやすりごまを散らし、ワサビやショウガを添える。

【食べるシーン】
普段の昼食や夕食として。

【提供店】
大分市の飲食店。りゅうきゅうPR大作戦というwebサイトで提供店が紹介されている


基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP