りゅうきゅうどん|大分県

りゅうきゅう丼

大分なのにりゅうきゅう?漁師めしがルーツの大分名物

概要

大分では、新鮮な魚(ブリやさばなど)の刺身を、しょうゆ、砂糖、みりん、しょうが、ごまを加えた漬け汁に浸した「ヅケ」のことを”りゅうきゅう”と呼ぶ。そのりゅうきゅうを熱々のご飯にのせて、刻みねぎ、大葉、白ごま、海苔などを散りばめたのが”りゅうきゅう丼”。新鮮な魚ならではの甘みが、ヅケにすることで引き出された抜群の味が楽しめる。もとは漁師が食べていた料理といわれ、忙しい漁の合間にでも、魚が簡単においしく食べられるりゅうきゅう丼がうまれたようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP