ちょっと贅沢な 新年特集
おおほりこうえん|福岡県

大濠公園

概要

草香江と呼ばれる入江を、黒田長政が福岡城を築造する際に、外濠として利用したものを、昭和4年3月に現在の公園に造成したもので、園内には築山林泉廻遊式の日本庭園があり、3,000本のツツジと水面に映る青柳・橋で結ばれた中の島とボート等がよく調和し、緑が多く、珍しい野鳥が生息しているため、バードウォッチングや散策に適している。 一周2kmの周遊道はいつもジョギングの姿が絶えない。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 福岡県博多・天神・太宰府
住所 福岡県福岡市中央区大濠公園
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【面積】39.7ha(うち水面22.7ha)

大濠公園へのアクセス

地下鉄大濠公園駅から徒歩で5分 → *西鉄バス「西公園」下車

PAGE TOP