てのべだんごじる|大分県

手延べだんご汁

有力大名が愛した「鮑腸(ほうちょう)」の代替食

概要

ごぼう、しいたけ、にんじん、里芋などを具材とした味噌もしくはしょうゆ味の汁を作り、小麦粉に水(場合によっては塩水)を加えみみたぶほどの硬さに練った生地をのばして入れて食すご当地汁。土地によってはのばさずにちぎって入れる場合もある。由来には諸説あるが、多くの説で時の大名、大友宗麟が好物の「アワビの腸(鮑腸)」に似せて作らせたものとして伝わっている。現在では「やせうま(小麦粉を使ったお菓子)」と共に地元の家庭料理として広まっている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP