いとじょうしたんぼうほどう|福岡県

怡土城跡探望歩道

概要

怡土城跡は、糸島市の東端、高祖山西麓斜面にある千二百年前の奈良時代の山城跡。望楼の礎石や土塁があります。奈良時代、新羅への強硬政策の一環として吉備真備の指導により築かれ、その後廃墟となっていた怡土城の旧地に豪族原田氏が高祖城を築いて380余年間居城しましたが、豊臣秀吉の九州平定により滅亡し、廃城となり現在に至っています。 怡土城跡探望歩道は尾根づたいにある5か所の望楼跡のうち第2望楼跡から第5望楼跡までが含まれており、すばらしい眺めです。また途中に神功皇后が泉にひたし、赤く染まった鎧を干した松の木の側にあった岩という伝説をもつ「緋縅岩」と言われる大岩もあります。このコースは第2望楼跡付近で怡土城周回連絡歩道と合流しています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 福岡県糸島
住所 福岡県糸島市‐
電話番号 【問合せ】TEL:092-332-2079 ; FAX:092-324-2531 ; Mail:city-sales@city.itoshima.lg.jp ; URL:http://www.city.itoshima.lg.jp/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【起終点・経路】糸島市高来寺。高来寺バス停~第5~第3望楼跡~第2望楼跡 / 【延長】1.4km *約60分

怡土城跡探望歩道へのアクセス

JR筑肥線周船寺駅からバスで8分 *コミュニティバス川原線。高来寺バス停下車

PAGE TOP