おんせんゆどうふ|佐賀県

温泉湯どうふ

淡雪のようなフォルムと、とろっとした味わいに人気急上昇

概要

今や嬉野温泉湯どうふは、嬉野市内のほとんどの旅館で、朝食や夕食に供される王道グルメ。その名の通り、豆腐を温泉の湯で調理したもので、温泉のアルカリ成分が豆腐のにがりに作用して、とろっとした、なめらかな味わいを楽しめる。また、角がとけた淡雪のようなフォルムも趣き深いところ。非常に身体にやさしい味わいなため、朝食には最適なメニューであり、お肉や野菜と一緒に鍋物でも、そのままねぎや鰹節を添えても美味しく味わえる。「嬉野温泉湯どうふセット」も販売しており、お土産に購入する人も多いという。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 佐賀県嬉野・武雄・伊万里
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP