こいりょうり|佐賀県

鯉料理

コリっとした食感と、淡い甘みが口に広がる「鯉のあらい」

概要

鯉料理は、江戸時代に佐賀藩主が宝地院を建立した際、門前に百姓を移住させて商業地を築き、参拝者にもてなすようになったのが起源と言われています。佐賀・小城の冷たく清らかな水にさらされた鯉は、最高の味わいが楽しめる上、夏バテ防止にも最適とあって、地元の方や観光客に長らく愛されている。中でも、「鯉のあらい(刺身)」はコリッとした食感を、「鯉こく(味噌汁)」は鯉の深みのある味わいを堪能出来る伝統の味。また、鯉の肉はタウリンという成分を多く含み、肝臓を助ける働きが期待できるそう。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 佐賀県佐賀市周辺・鳥栖
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP