まるぼうろ|佐賀県

丸房露

やわらかくて、ざっくりとした口溶けが楽しめる佐賀の銘菓

概要

寛永16年(1639年)の創業以来、伝統菓子を作り続ける老舗「鶴屋」。そこの名物菓子が丸房露(まるぼうろ)だ。その歴史は古く、天和年間に鶴屋をきりもりしていた二代目の太兵衛が、長崎県の出島を訪れていたオランダ人から直伝されたものと伝えられており、製法を学んで佐賀へ戻り、鶴屋の丸房露として販売するやいなや、たちまち人気の菓子となったという。その味は、第8代・第17代の総理大臣を務めた大隈重信も大層気に入ったといわれ、各方面で高い評価を得た丸房露は佐賀銘菓として定着していったようだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 佐賀県佐賀市周辺・鳥栖嬉野・武雄・伊万里唐津・呼子
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP