きゅうなかむらけじゅうたく|北海道

旧中村家住宅

概要

ニシン漁全盛時代を今に伝える廻船問屋。 中歌町に残されている旧中村家は、江戸時代から日本海沿岸の漁家を相手に海産物の仲買商を営んでいた近江商人の大橋宇兵衛が建てたものです。 家屋は、当時江差と北陸を往復していた北前船で運んできた越前石を積み上げた土台に、総ヒノキ切妻造りの大きな二階建て。さらに母屋から浜側まで文庫倉、下の倉、ハネ出しまで続く通り庭様式で、当時の問屋建築の代表的な造りとなっています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 北海道函館
住所 北海道檜山郡江差町字中歌町21
電話番号 【問合せ】TEL:0139-52-1617 ; URL:http://www.hokkaido-esashi.jp
営業時間 公開:9:00~17:00
定休日 休業:(月) 4~10月は無休 / 休業:祝日の翌日、年末年始
料金 【大人】300円 *団体割引15名から / 【高校生】100円 *団体割引15名から / 【中学生】100円 *団体割引15名から / 【小学生】100円 *団体割引15名から
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【建築年代1】江戸 / 【建築年代2】明治22年頃

旧中村家住宅へのアクセス

江差駅から徒歩で20分

PAGE TOP