さがけんのがめに|佐賀県

佐賀県のがめ煮

祭りや祝いの席に欠かせない、九州屈指の“ソウルフード”

概要

がめ煮は、九州北部地方(主に福岡県や佐賀県)の代表的な郷土料理。名前の由来は、博多の方言「がめくり込む」(寄せ集めるなどの意)、または朝鮮に出兵した兵士が当時「どぶがめ」と呼ばれていた“スッポン”を野菜などと共に煮込んで食べたのが始まりとも言われている。現在はスッポンではなく鶏肉を使うのが一般的で、その他ゴボウ、レンコン、ニンジンなどと一緒にだし汁で煮込む。九州人の母親の味、祭りや祝いの席に欠かせない九州のソウルフードは、全国的な知名度も非常に高い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 佐賀県佐賀市周辺・鳥栖嬉野・武雄・伊万里唐津・呼子
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP