たまごめん|岩手県

卵めん

奥州に逃れてきたキリシタン信者が作ったと伝わる卵入りのそうめん

概要

岩手県南西部に位置する奥州市で作られている”卵めん”は、小麦粉に卵を混ぜて麺生地にし、塩と少量の水でのばしたものだ。江戸時代に宗教迫害を受けて長崎からこの地に逃れてきたキリシタン信者の松屋重蔵が、カステラの製法を参考に作った伝わっており、当初はオランダに因んで「蘭麺」と呼ばれていたようだが、明治時代に政治家の板垣退助によって「卵めん」と名付けられたという。少量の水でのばすため、シャキシャキとした独特の歯応えを持つのが特徴。そうめんのように食べたり、温麺でもおいしく食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県北上・江刺
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP