しまばらじょう|長崎県

島原城

概要

通称は森岳城。元和4年(1618)から松倉重政が7年3ヶ月の歳月を費やして島原半島中央部の森岳に築城。子の勝家は島原の乱の責任を問われて所領没収・断罪。以後,高力忠房,松平忠房らが城主となり,松平氏の時代に明治維新を迎えた。昭和39年に,天守閣が復元されたほか,巽の櫓や丑寅の櫓が復元され,それぞれ北村西望記念館や民具資料館になっている。◎松倉重政(1573-1630)江戸初期の大名。家康に仕え,大坂の陣の後は島原領主。領内キリシタンの弾圧は有名。その苛政は島原の乱の因ともなった。平成16年度に、島原城復元40周年を迎えた。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 長崎県雲仙・島原
住所 長崎県島原市城内一丁目1183-1
電話番号 0957-62-4766
HP https://shimabarajou.com/
営業時間 9:00~17:30
付帯設備 【バリアフリー設備】車椅子対応トイレ(○)
定休日 無休
料金 入館料:大人540円/小・中・高270円/団体30名以上(2割引き)/障害者割引(手帳をお持ちの方のみ)2割引き
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

島原城へのアクセス

島原駅から徒歩で5分

PAGE TOP