いけのはらのみやまきりしまぐんらく|長崎県

池の原のミヤマキリシマ群落

概要

島原半島の中央部雲仙岳にある。九州の高山特有の細葉小花のツツジで、群落は国の天然記念物に指定されている。長崎県では“ウンゼンツツジ”と呼び、県の花・郷土自慢のひとつである。花は小さく淡紅紫色で、3万平方メートルの中に約5万本が自生しており,眺めは壮観である。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 長崎県雲仙・島原
住所 長崎県雲仙市小浜町雲仙
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時期】5月中旬

池の原のミヤマキリシマ群落へのアクセス

諌早駅からバスで80分

PAGE TOP