くまもとけんのちょうせんあめ|熊本県

熊本県の朝鮮飴

あの武蔵も食したであろう肥後熊本の銘菓。幕府・朝廷への献上品

概要

朝鮮飴(ちょうせんあめ)とは、熊本県の銘菓である。餅米と水飴と砂糖を独自の製法で捏ね合わせ、片栗粉を塗した求肥飴の一種である。食感は餅に近い。16世紀、園田屋の開祖、園田武衛門により作られた当初は長生飴と呼ばれていたが、文禄・慶長の役での出兵の際、当時の城主加藤清正の軍はこれを携行して篭城中の兵糧として役立てたため、朝鮮飴と呼ぶ様になった。当初は黒砂糖と玄米を使用した淡褐色の黒朝鮮飴しか無かったが、現在は白砂糖と精白米を用いた白朝鮮飴が大半を占めている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 熊本県熊本市・山鹿・菊池阿蘇・黒川(黒川温泉)天草八代・人吉・球磨
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP