さとたばるれきしみんぞくしりょうかん|長崎県

里田原歴史民俗資料館

概要

九州本土最西北端にある田平町は、アジア大陸に近いという地理的位置から日本文化の起源を探る上では重要な位置にあります。旧石器時代の「日ノ岳遺跡」、縄文時代の「つぐめのはな遺跡」、長崎本土では数少ない前方後円墳である「笠松天神社古墳」など著名な遺跡があります。 中でも多量の木製品が出土した「里田原遺跡」は、稲作文化の成り立ちと展開を示す貴重な遺跡です。この資料館は里田原遺跡出土の木製品を主に展示しています。土器や石器からだけでは知ることのできない時代の様子を木器から探ってみませんか?

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 長崎県佐世保・平戸
住所 長崎県平戸市田平町里免236-2
電話番号 【所在地】TEL:0950-57-1474 / 【問合せ】TEL:0950-57-1474 / 【予約先】TEL:0950-57-1474
営業時間 公開:9:00~17:00
定休日 休業:12月29日~1月3日(水)
料金 【大人】210円 *団体10名以上で160円 / 【子供】100円 *団体10名以上で80円
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【管理者】平戸市 / 【入館者数(年間)】1,000人

里田原歴史民俗資料館へのアクセス

たびら平戸口駅からバスで3分

PAGE TOP