ざせんまめ|熊本県

ざせん豆

シンプルでありながら奥深い味わいの、精進料理の一品

概要

熊本の郷土料理のざせん豆は漢字で「座禅豆」と書き、精進料理の一品として受け継がれている。“畑のお肉”といわれている大豆を水から煮て砂糖と醤油でゆっくり味付けし、固く煮たものである。美味しい座禅豆は豆本体はキュッと引き締められているのに、薄皮はしわしわの状態のものといわれている。本来、座禅豆は黒豆を煮たものであった。修行中の僧侶が座禅するまえに、おしっこの出を悪くするために食べていたことから、この名前がついたとされている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 熊本県熊本市・山鹿・菊池阿蘇・黒川(黒川温泉)天草八代・人吉・球磨
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP