やくしどう|熊本県

薬師堂(熊本県)

概要

千年以上の歴史がある山鹿温泉も、文明5年(1478)3月に突然枯れました。当時の湯主、左近郷近宗は、菊池氏の祈祷寺だった湯町九日町の金剛乗寺・第八世宥明法印に、温泉復活の祈祷を依頼しました。法印は薬師堂を建立し、毎日丑の下刻に起床し身を浄め祈祷を行いました。 満願になった同年の12月20日、以前より勝る湯がこんこんと湧き出しました。町民はこの日を温泉祭とし法印の功績をたたえ、薬師堂を湯の守り神として今も大切にしています。現在も毎年12月20日には「山鹿温泉復活感謝祭」が行われています。  現在の薬師堂は明治5年に建てられたものです。  本堂には、ご本尊の薬師如来座像。両脇には日光菩薩・月光菩薩。温泉復活の大恩人、宥明法印像もあります。また、十二神将も祀られています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 熊本県熊本市・山鹿・菊池
住所 熊本県山鹿市山鹿1
電話番号 【問合せ】TEL:0968-43-1579 ; FAX:0968-43-8795 ; Mail:kankoh@city.yamaga.lg.jp ; URL:http://www.city.yamaga.kumamoto.jp/kankoh/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】1473

薬師堂(熊本県)へのアクセス

九州自動車道菊水ICから車で20分

PAGE TOP