ぶえんずし|熊本県

ぶえん寿司

「ぶえん」とは、「無塩」の意味。新鮮なタイの身が入ったお寿司

概要

有明海に面した松島の代表的な食べ物「ぶえん寿司」。現代のぶえん寿司とは、タイの身が入った寿司をいう。「ぶえん」とは、「無塩」の意味で、魚に塩を効かせなくても生で食べられるほど新鮮という意味だ。昔は残りご飯に干し大根や生大根を入れて量を増やし、酢締めした魚(コノシロなど)を加えておいしくし、ご飯にも酢を効かせて「つくり置き」できるようにして、忙しい農繁期を乗り切ったそうだ。今でも、各家庭で好みの味が受け継がれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 熊本県天草
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP