くまもとけんのまんじゅう|熊本県

熊本県のまんじゅう

夏祭りやお盆に欠かせない。みょうがの葉で包んだ爽やかな菓子

概要

熊本県の宇城は古くから白玉粉の生産が盛んに行われ、その白玉粉を使って初夏に一般家庭で作られる郷土菓子が「みょうがまんじゅう」。田植えの終わりを祝う「早苗餐(さなぶり)」や夏祭り、お盆など地域の行事に欠かせない一品。みょうがの葉がとれるのが5~9月。餡子を白玉団子で包み、みょうがの葉で包んで蒸して作る。それぞれの家庭ごとに葉の巻き方にも個性がある。葉の香りが、饅頭の表面からほんのりと漂うさわやかなおいしさで愛されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 熊本県熊本市・山鹿・菊池
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP