ひやじる|宮崎県

冷や汁

夏に食べたいご当地汁!宮崎を代表する郷土料理

概要

焼いたアジ、イワシなどの魚をほぐし、あぶった味噌、豆腐、きゅうり、青じそなどの薬味とあわせて、だし汁でのばしたものを、ごはんにかけて食べる料理。アジ、トビウオ、カマス、タイなど、太平洋に面した宮崎県近海で獲れる魚を使うのが定番。

【歴史】
古くは鎌倉時代の書「鎌倉管領家記録」に「武家にては飯に汁かけ参らせ候、僧侶にては冷汁をかけ参らせ候」と記されていた。冷や汁は全国に広まったが、特に夏の暑さが厳しい宮崎県でよく食べられるようになったと伝わる。

【食べるシーン】
夏の日常食。

【食べられるお店】
県内の郷土料理店、居酒屋など。

【作り方】
・魚の身をほぐし、こんがり炒める。
・すり鉢で魚の身、ごま、ピーナツなどをよく擦る。
・味噌や出汁を入れて良くのばす。
・豆腐、きゅうり、ねぎを加えて完成。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮崎県宮崎市・都城・日南高千穂・延岡・日向
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP