みやざきけんのあくまき|宮崎県

宮崎県のあくまき

あく汁に漬けたもち米で作る昔ながらの保存食「あくまき」

概要

「あくまき」は旧薩摩藩領だった北諸県地方を中心に作られていたそうだ。その昔保存食になることから携帯用として普及したらしい。もち米を洗ってあく汁につけておき、一晩おく。水気を切ったら柔らかくした竹の皮に包み、形を整えて結び、かまに並べて数時間、米粒が溶けるようになるまで煮てできあがり。開いたら糸で一口大に切り、きなこや黒砂糖、はちみつなどをかけて食べる。あくを使ってこくとうまみを出す、という逆転の発想だ。あくに使う灰は堅木を燃やした灰を使うのが一般的。

基本情報

ジャンル お土産
地域 宮崎県宮崎市・都城・日南高千穂・延岡・日向
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP