よしまるかずまさきねんかん(そうしゅんふのやかた)|大分県

吉丸一昌記念館(早春賦の館)

概要

「早春賦」の作詞者として知られる吉丸一昌。夫人の実家であった記念館には、当時の遺品や楽譜など、多数のゆかりの品が展示されている。 建物は吉丸一昌の妻の生家であり、江戸時代末期の建築様式を良く留めており、市指定有形文化財「旧板井家住宅」になっている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大分県大分市・佐伯・臼杵
住所 大分県臼杵市市浜980
電話番号 【所在地】TEL:0972-63-7999 / 【問合せ】TEL:0972-63-1111 ; FAX:0972-64-0203 ; URL:http://www.city.usuki.oita.jp/
営業時間 開館:8:30~17:00
定休日 休館:無休
料金 【大人】210円 *国宝臼杵石仏、稲葉家下屋敷、吉丸一昌記念館、野上弥生子記念館の4施設共通券を買うとお得。 / 【子供】110円 *国宝臼杵石仏、稲葉家下屋敷、吉丸一昌記念館、野上弥生子記念館の4施設共通券を買うとお得。
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

吉丸一昌記念館(早春賦の館)へのアクセス

上臼杵駅から徒歩で15分

PAGE TOP