てきざんそう|大分県

的山荘

概要

的山荘は、大正4年(1915年)、馬上金山で巨額の富を築いた成清博愛が建てた別邸で、穏やかな別府湾を一望する約3,600坪の広大な敷地に、江戸時代以降の伝統手法を残した近代和風の豪華な日本家屋、そして別府湾や高崎山を借景とした見事な庭園が広がる。的山荘の名は、博愛が「的山」と号し、漢詩をよくしたことに由来する。「的山」には、鉱山を当てるという意味があるといわれている。的山荘は、昭和39年(1964年)に、成清博愛の孫にあたる成清信輔氏が料亭として開業し、城下かれいの料亭として全国的にその名が知られるようになり、皇族をはじめ多くの著名人が訪れるようになった。皇族の方々が大分にお越しの際は、的山荘がお食事場所として度々利用され、庭園内には8本もの記念植樹がある。1ヶ所にこれだけの皇族の記念植樹があるのは、全国的にも稀である。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大分県国東半島・中津・宇佐
住所 大分県速見郡日出町三の丸2663
電話番号 【所在地】TEL:0977-72-2321 ; FAX:0977-72-2320 / 【問合せ】TEL:0977-72-2321 ; FAX:0977-72-2320 ; URL:http://hijinavi.com/ / 【予約先】TEL:0977-72-2321
営業時間 営業:~不定休
付帯設備 【飲食施設】和食 *城下かれい料理専門店
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

的山荘へのアクセス

暘谷駅から徒歩で10分

PAGE TOP