くじらようかん|宮崎県

鯨羊羹(クジラヨウカン)

くじらの形に似せて作られた、地元でしか買えないレアな蒸し菓子

概要

宮崎県宮崎市佐土原町に伝わる銘菓で、米の粉を練った物をあんで挟み、くじらの形に似せて作られた蒸し菓子。それほど甘くなく、素朴な味で美味しい。日持ちがしないので、地元でしか買えないレアなお菓子で、昔ながらの製法で伝統の味が満ちている。江戸時代の島津五代藩主惟久が幼少の頃、生母が「我が子が大海を泳ぐ鯨のように力強くたくましく育つように」という願いを込めて作らせたのが由来とされている。以来佐土原藩では、毎年端午の節句に縁起物とする事を例とするようになった。

基本情報

ジャンル お土産
地域 宮崎県宮崎市・都城・日南
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP