つけあげさつまあげ|鹿児島県

つけあげ

みんなが知っている郷土料理、つけあげ(さつまあげ)

概要

魚のすり身と野菜を使った揚げ物料理。琉球に魚肉のすり身で作るチキアギという揚げ物料理があり、この料理が薩摩に伝わったのがつけあげの発祥といわれる。鹿児島県でよく食されていることから、「さつまあげ」と呼ばれることも多い。魚のすり身に使われるのはイワシやトビウオ、エソなどの脂肪分の少ない白身魚。使う野菜はさつまいもやにんじん、ごぼうなど。現在では鹿児島県を代表する郷土料理として、全国各地で食すことができる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP