けいはん|鹿児島県

鶏飯

おもてなし料理がルーツの鶏飯は学校給食で大人気

概要

蒸し鶏、錦糸卵、甘辛く煮たシイタケ、パパイヤの漬け物、薬味などをご飯に盛りつけ、出汁をかけて食べる料理。

【歴史・由来】
1600年代、薩摩藩の支配下にあった奄美の人々が、薩摩藩の人達が来島した際のおもてなし料理として作った炊き込みご飯が鶏飯の原型と伝えられている。

【食べ方】
スーパーで鶏飯用のスープが販売されている程に、日常的に食されている。

【作り方】
・細かく割いた蒸し鶏、錦糸卵、甘辛く煮た千切りのシイタケ、みじん切りのパパイヤの漬け物(地域によっては紅ショウガやたくわん)、のりなどをご飯に盛りつる。
・出汁をかけて完成。

【提供店】
奄美の飲食店。鹿児島県の郷土料理店。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP