しろくま|鹿児島県

白くま

フルーツなどをトッピングしたかき氷で、鹿児島の定番スイーツ

概要

昭和22年に鹿児島市内の「天文館むじゃき」で誕生したかき氷。「白くま」は、かき氷に練乳をかけ、その上に三色寒天やサイコロ状に切ったようかん、豆、フルーツなどをトッピングし、真上から見て白熊に見えるようにしたことが、その名の由来だ。今では鹿児島県の定番スイーツとなり、市内喫茶店でもメニューに加わっている。ストロベリー白熊、プリン白熊、ヨーグルト白熊、抹茶白熊、コーヒー白熊、黒蜜をかけた南海の黒熊など、店によっていろいろなアイデアを取り入れた白熊が味わえる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP