しんしょうじほんどう・せいもん・いしぼり・つうようもん|鹿児島県

新照寺本堂・正門・石堀・通用門(国登録有形文化財)

概要

新照寺は、煙草講(かくれ念仏の団体)の信徒たちの思いによって、石材による本堂建立が始まりました。明治26年(1893)に本堂、2年後に水流 金太郎氏の寄付により正門・石塀が完成しました。石材は寺師の黒葛野から切り出したといわれています

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島
住所 鹿児島県姶良市住吉545
電話番号 【問合せ】TEL:0995-62-2111 *内線210 ; FAX:0995-62-1552 ; Mail:bunkazai@aira.lg.jp ; URL:http://www.city.aira.lg.jp/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

新照寺本堂・正門・石堀・通用門(国登録有形文化財)へのアクセス

PAGE TOP