ゆのもとおんせん|鹿児島県

湯之元温泉

概要

寛永17年(1640年)頃に発見され、明治時代までは島津藩の御頭湯があった由緒正しい温泉だ。湯量も豊富で泉源は44ケ所もあり、無色透明な湯が湧き出ている。皮膚病や胃腸病、婦人病に効能があるとかで、土地のおばあちゃんにファンが多い。◎田之湯温泉 国道3号から小路へ入った住宅街の中に立派な看板を揚げる鉄筋2階建の共同浴場。場所が小路の奥だけあって、100パーセントが地元の客である。タイル張りの浴場は清潔で、硫黄の匂いがプンプンする湯があふれている。湯は硫黄泉、58.5度で神経痛・皮膚病などに効果。玄関に「日本朝風呂党本部」の看板が掲げられている。毎朝20~30人が朝風呂に入るというぜいたくな楽しみを味わっている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 鹿児島県出水・川内・串木野
住所 鹿児島県日置市東市来町湯田(湯之元)
電話番号 【問合せ】TEL:099-274-5518
営業時間 営業時間:6:00~22:00
定休日 休業:第2火曜日
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【宿泊施設軒数】7件

湯之元温泉へのアクセス

湯之元駅から徒歩で5分

PAGE TOP